仏事 香典返し 法要

忌明、香典返しの方法としきたり

香典とは

香典とは本来、香華を手向けることを意味するのですが、現金を包んでおくることが一般的な慣習となった現在では香典返しの習慣が定着致しました。
 香典は相互扶助の意味合いもありますが、不幸事ですので貸し借りなしでその時にお返しするのがしきたりです。
 香典返しは先様へのお礼をこめた挨拶状を同封し、忌明け後にお返し致します。


先様への感謝をこめたお礼の言葉と故人様の戒名、法名を記し忌明法要後に返礼品に同封して発送致します。

仏式

一般的に忌明法要(五七日 いつなぬか・七七日 なななぬか)を区切りとして挨拶状を添えてお返し致します。挨拶状は奉書紙の巻紙に仏名(戒名、法名、法号)を入れ封筒に入れておくります

神式
五十日祭を区切りとして香典返しを致します

(神道、天理教、金光教など)
 挨拶状を添えてお返し致します 挨拶状の文言と文面は仏式と若干変わりますが方法と時期は同じです熨斗の上書きは「五十日祭」「しのび草」とします。

先様毎に芳名シール貼付
 一般的に「香典半返し」といい、頂いた額の半分を目安としますただし一家の主人が死亡した場合は三分の一でもよいとされます香典返しは全員にするものではなく、別府市では五千円からご検討される喪主様が多いようです
 またお供物(生花など)は御香典額に上乗せするか同じ香典額であれば、少し高額なものをお返しします お見舞いについても生前中にお返しができなかった場合、お供物同様上乗せするか、少し高額なものをお返しします。

 一般的に形の残らない消耗品をお返し品として選ばれる喪主様が多いようです。
ちなみにお品には以下のような意味がございます。

・洗剤、石鹸    不幸を洗い流す
・お茶       お茶を飲みながら故人を偲ぶ
・食品       後に残らず無くなるので、不幸を及ぶのを消す
・繊維(タオルなど)  仏の世界へ白装束で旅立つことから清め、悲しみを覆い包む
・陶器       万物は土に帰るという意味から故人を偲ぶ

お返し品としてふさわしくないもの

 まず、金券(商品券)です
お中元、お歳暮、またお祝いといった贈り物であれば、ビール券や図書券、商品券など使われる場合もありますが、お返し品の場合金券=お金をお返しすることは失礼とされます
ただ、特に高額(二万円以上)の方は何をお返しすべきか迷う方が大半であり、布団や毛布といったものもたくさんあるのが現状です。
 最近では先様のお好みで選んで頂く「カタログギフト」が特に高額のお返しに定着致しました
「カタログギフト」もここ数年、食品のグルメギフトの充実で幅広く使われ、人気商品になっています。
 またタオル、繊維商品をお返しとして使われる場合、あまり華美なデザインのものは避けられた方が無難でしょう



団体や会社名義で頂いた場合は

 会社名義で頂いた場合や複数の連名で頂いた場合は皆様で召し上がっていただけるお茶、コーヒー、お菓子などを人数などを考慮して組み合わせてお返しするとよろしいでしょう。
 また自治会や町内会などは会費から慶弔費としてお包みされている場合が大半のためお返しは考えられなくてもよろしいでしょうただし会長様ご本人名義の場合はお返しの対象となります。

同じ世帯で香典を頂いた場合は

 原則として香典単位でお返し致しますのでご主人様には○○、息子さんには○○と分けてお返しする方が多いようです。


通夜、葬儀の芳名録から香典帳の整理(一覧表の作成)を致しましょう
現在 香典帳には大きく分けて2つのタイプがございますカードタイプと綴りタイプです。

香典帳整理例
お名前ご住所TEL商品名続柄備考香典額
山田 五郎様大分県杵築市  五男 30,000
山田 四郎様大分県大分市  四男 30,000
山田 一郎様大分県別府市  長男生花一対50,000
@ 頂いた香典額別にお名前、住所を書き出します
A 供物帳より供花やその他お供え頂いたものをお名前の欄に記入致します
B もし生前にお見舞を頂いてお返しができなかった場合は同様にお名前の欄に記入致します
C ご住所、電話番号の不備は年賀状や住所録などで調べます


(自宅→お墓→食事会場)
1 まずお寺様と自宅へ読経にきて頂く 日時を決定いたします
2 読経後 納骨の有無を確認致します
3 食事の会場にご出席されるかを確認致します
4 親族へご案内(お電話もしくはご案内ハガキ)致します
※二七日でお寺様が来られた時に打ち合わせをするとよいでしょう

お寺様への謝礼は以下の通りとなります

「お布施」 自宅での読経後にお渡しいたします
「お車代」 自宅までお越しいただき、墓地まで出向いて頂く場合に用意致します
「御膳料」 お寺様の都合などにより食事のおもてなしができない場合に用意致します

※金額の相場は寺院の格や喪主様のお気持ちによって異なりますので直接お寺様に聞かれるのが無難かと思います


○お参り頂いた方のお見送りを致します
○香典返しは忌明法要後 すみやかに発送致します
○忌明の礼状も同様に投函致します
 香典返しは挨拶状や商品の手配等がございますので10日前までにお店に発注されることをおすすめ致します。

 しきたりでは香典返しを頂いた先様は喪主様にはお礼の電話をかけないということであえてお礼をされない方もいらっしゃいます
当店では全商品、郵便局の郵パックで発送致します。
郵パックはお届け通知サービス(民間の宅急便にはないサービス)として
先様が受け取られたことを喪主様にハガキにてお知らせいたします。

【お届け通知はがき】
全国無料宅配にて承ります

全商品、物流センターではなく当店より発送致します。
(当店のみのサービスです)

当店(おきな堂)のサービス

1 全国無料宅配(物流センターではなく当店より出荷致しますので安心、確実)
2 法要会場の紹介サービス
3 挨拶状、法要案内ハガキ、礼状、喪中ハガキの無料サービス
4 お返し品は百貨店品、一流メーカー品、特別処分品、カタログギフト
    約6000品目の幅広い品揃えからお選び頂けます
    百貨店品       20%〜5%割引
    葬儀社卸商品    35%割引
    特別処分品(京都西川など)50%割引〜
    カタログギフト 先様が選ばれるまで当店が責任をもってフォロー致します