会社概要

結婚祝いについて

結婚祝い(結婚式)に贈るお祝い金(ご祝儀)の金額は、相手方との関係の深さや、結婚披露宴への参列の有無によって異なります。

【結婚祝い/結婚式のお祝い金(ご祝儀)の相場】
披露宴に出席した場合は、一般的に3万円が相場のようです。
また、関東と関西では多少の差があり、全体の平均額では関西が若干高めとなっています。
ひとりの出席で3万円のお祝いをする間柄なら、夫婦の場合は2人そろって5〜10万円包むようです。
お祝い金が偶数の場合「割れる」ということで嫌われることがありますが、10万円や2万円は例外のようです。
たとえば、2万円の場合「2」 はカップルを表すということで気にしないで贈られています

友人・知人 20,000円〜30,000円 友人・知人 5,000円〜10,000円
兄弟姉妹 50,000円〜100,000円 兄弟姉妹 **********
いとこ 20,000円〜50,000円 いとこ 10,000円〜20,000円
甥(おい)・姪(めい) 30,000円〜50,000円 甥(おい)・姪(めい) 10,000円〜20,000円
その他の親戚 30,000円〜50,000円 その他の親戚 10,000円〜30,000円
会社の同僚 20,000円〜30,000円 会社の同僚 20,000円〜30,000円
会社の部下 20,000円〜30,000円 会社の部下 5,000円〜10,000円
会社の上司 30,000円〜50,000円 会社の上司 5,000円〜10,000円
取引先関係 30,000円〜50,000円 取引先関係 10,000円〜20,000円

結婚祝いのお返しの相場

結婚祝いのお返しは、披露宴に招いた日には「内祝」としてお返しをします。
金額の目安は、いただいた金額の半分ぐらいが妥当です。

 お返しは挙式後の1ヵ月以内に先方に届くようにし、
その際、結婚祝いのお礼状を添えることも忘れないようにしましょう。


出産祝いについて

親しい間柄なら、同じものが重なったりしないように、贈り物をリストアップして、
選んでもらうのもアイデアのひとつです。

友人たちからプレゼントする場合は、赤ちゃんの成長に合わせて贈り物を考える他、
お母さんにあてて贈り物をするのも喜ばれます。
職場からはプレゼントの他、お祝いとして現金を贈る場合も多いようです。

出産祝いのお返しの相場

出産祝いのお祝い金は、贈る側の年代によって金額が多少異なります。
10,000円〜30,000円
兄弟・姉妹 5,000円〜10,000円
親戚 3,000円〜10,000円
友人・知人 3,000円〜5,000円
隣・近所 3,000円〜10,000円
会社関係 3,000円〜10,000円

出産祝いのお返しの相場

出産の内祝いは、生後1ヵ月、お宮参りの前後に赤ちゃんの名前で贈ります。
(お宮参りの時期は、一般的には男児が生後31日目、女児が32日目)

元来、内祝いは、「内輪の喜びごとのお福分け」を意味するもので、お祝いを
いただかなくても、出産を知らせた人全員に贈るのが習わしでした。

しかし実際には、お祝いの催促とも受け取られかねないので、出産祝いをいただいた人への
お返しとして贈るのが一般的です。

いただいた商品の金額の半額〜3分の1相当を目安で贈ると良いでしょう。
または、お祝いの金額の多少にかぎらず、一律のものでも失礼にはなりません。

とくに親しい間柄なら、赤ちゃんの写真や近況等を記したお礼状を添えると喜ばれます。

子供のお祝い(初節句・初誕生日・七五三・入学・成人祝い)

子供の成長を祝うさまざまな儀式がありますが、出産祝などの主なもの意外は
ほとんどが家族だけで祝う内輪のお祝いです。

【お祝いの金額/相場】
地域や親しさの度合いによって変わってきます
兄弟・姉妹を含め親戚関係なら10,000円〜30.000円(友人・知人は5,000円位)

新築祝い

新築披露に招かれたときは、「崩れる」「傾く」「燃える」などのことばは禁物です。
お祝いの品も、卓上ライターや灰皿など火に関するものは避けます。

【お祝い金額相場】
新築祝いの金額は相手との縁や親しさにより変わります

勤務先関係 5,000円〜10,000円
親・親類 10,000円〜30,000円
兄弟・姉妹 30,000円〜50,000円

新築祝いお返しの相場

お返しは新築披露に招待すれば必要ありません。
招かない場合は「新築内祝」としてもらった金額の半額〜3分の1相当を目安で贈ります。

お見舞い

お見舞いには「病気見舞い」と「災害見舞い」があります。
手渡すことができずに送る場合は現金だけではなくメッセージを添えて気持ちを伝えましょう。

【お祝い金額相場】
 病気見舞い金は付き合いの深さに応じて金額を決めるようにします。相場としては、
 近親者で10,000円くらい仕事関係者なら3,000円〜5,000円です。
 なお、仕事関係者には、個人的には贈らず会社の慣例にしたがうようにします。
 お見舞いの品物も、職場の人たちと相談して決めたほうがよいでしょう。

 災害見舞いの際は何が必要なのか状況を確認して、できる範囲内での援助を申し出ましょう。

お見舞いのお返しの相場

 快気祝いのタイミングとしては退院後(自宅療養なら床上げ後)、
  1週間〜10日目ごろが適当です。お見舞いの半額〜3分の1に相当する額が目安になります。
  見舞い金額がまちまちの場合は、一律の品を贈ってもかまいません。

 災害見舞いのお返しは基本不要ですが一段落したら、その後の経過報告なども兼ねて、
 電話や礼状だけは出すようにしましょう。

香典

香典はもともと、故人の霊に供えるお香のことでしたが、現在では、
葬儀費用の足しにという意味で現金を贈ることが一般化しています。

【香典の金額/相場】
 香典の金額(相場)にはこれといった決まりはありませんが、ふつうは次のことを念頭において決めます。

*故人や遺族との親密度*
親族や親しい友人・知人はほかの人より少し多めに包みます。

*一家の故人の立場*
故人が一家の中心的な存在である主人や主婦の場合は、お年寄りや子供より多めに包むことが多いようです。

*自身の社会的な地位や年齢*
肩書きのある中高年者は、若い一般社員より多く包む必要があるでしょう。

勤務先上司 5,000円〜10,000円
勤務先同僚 5,000円
勤務先社員の家族 5,000円
祖父母 10,000円
両親 100,000円
兄弟・姉妹 50,000円
おじ・おば 10,000円
友人・知人 3,000円〜5,000円
 隣近所 3,000円〜5,000円

ご香典返しの相場

 仏式では四十九日(三十五日)神式では五十日祭(三十日祭)を忌明けとし
 キリスト教は約1ヶ月目の召天祭に贈るのが一般的です
 挨拶状を同封しておくります
 お返しの金額の目安は半分〜3分の1で実用品を贈る場合が多いようです
 弔電のみをいただいた方には礼状を送ります。