出産内祝
初節句 〜赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句〜

女の子は3月3日『桃の節句』
男の子は5月5日『端午の節句』を初節句といいます
初節句には母親の実家から女の子には雛人形を
男の子には鯉のぼりや武者人形を贈るのがしきたりです
桃の節句にはちらし寿司やお吸い物・雛あられを
端午の節句にはちまきや柏餅を食べるのが一般的です

親から子へ、子から孫へ…
普通実家からひな段飾りや男女一対の内裏びな、仲人や親族から
別の人形を贈ります。マンションなど住宅事情から、
段飾りなどを飾る場所が狭いケースもあります。
このようなときは先方の希望を聞いてからの方がよいでしょう。
必ずしもひな人形にこだわらず、
その他の人形や赤ちゃんの衣類などでも喜ばれるものです。
その際人形は同じものが重複しないように気を付けることです。
知人、友人であれば、ケーキやおもちゃなどもふさわしいでしょう。
贈り先には、遅くても節句の一週間前までには届くようにします。
女の子には、嫁入りのとき内裏びなを持って行く習慣のところもあります。
長女に内裏びなを贈りましたら、次女にも同じ程度のものを贈る
心遣いをしましょう。
普通は、鎧や兜などの武者飾り、金太郎や鍾馗などの武者人形、
鯉のぼり、絵のぼりを贈ります。
この場合も鯉のぼりのように数があってもよいものを除いて、
同じものが重複しないように気をつけます。
贈り先には、一カ月前か遅くても一週間前までには
届くようにします。
鯉のぼりを立てる場所がないときは、武者人形や鎧などにします。
ただ五月人形はひな人形と違い、あまり数を増やさないのが普通です。
武者絵の色紙や掛け軸など、目先の変わったものやおもちゃなど
贈るのもよいでしょう。二男、三男にも長男と同じように祝って
あげましょう。なお、赤ちゃんが生まれてすぐ初節句を迎える場合は、
一年延ばして次の年に本当のお祝いをするところもあります。