出産内祝

結納金

結納金の額は、本人の経済力、両家の財力、結婚観によって変わってきます。
常識的には、標準的なサラリーマンなら月収の2〜3倍が目安です。
結納金の額に関して、特別な決まりはありません。
当人同士や両家が話し合って、無理のない金額にします。

また最近では、結納の際に結納金、結納品、とは別に婚約記念品(指輪等)を贈り合うのが一般的になってきました。
以前は、男性から贈られた結納に対して、関東ではその半額を返す半返しを、また関西では半返しは行わずに、支度金として新居に持って嫁ぐのが習わしとされていました。
しかし最近では、結納返しはしない傾向になり、あらかじめ男性側が半返し分を引いた金額を結納金としたり、現金ではなく婚約記念品を贈るケースが増えています。