出産内祝

結納品の種類と並べ方

結納品は、結婚する二人の幸せと、子孫繁栄を願う縁起物を揃えるものです。
9品目が正式ですが、略式の7品目、5品目、3品目もあり、必ず奇数で揃えるしきたりになっています。
結納品は、地方によって違いますので、事前に両家でよく相談してきめるとよいでしょう。

 *目録(茂久録)・・・結納品の内容を記載したもの
 *熨斗    ・・・本来は鮑をのばしたもので長生不死の象徴
 *結納料   ・・・結納金の包み
 *御知家   ・・・茶の木は根をはる、嫁ぎ先で根をはるように
 *家内喜樽  ・・・家に喜び事が集まり慶事が続くように
 *寿留女   ・・・めでたく、一生留まり、良い嫁になるように
 *子生婦   ・・・子孫繁栄を願う
 *友白髪   ・・・共白髪、長寿健康を願う
 *寿栄広   ・・・一対の扇子、家内の末広がりの反映を願う
 *芽出鯛   ・・・めでたい意味
 *優美和(結美和)・・指輪
 *高砂    ・・・長寿の夫婦の象徴

受書・・・新郎側が、結納品を受け取りました という証として
      新婦側から新郎側へ渡すもの。